Wi-Fi

一番繋がるWi-Fiルーターは?規格別の無線LANの特徴の違いと選び方

パソコン 女性

皆さんは「なんだかこのお店のWi-Fiに繋がりにくい、、、」という経験がありませんか?

実は無線LANにはいくつかの種類(規格)がそんざいしており、それぞれによって回線の強さや繋がりにくさなどの個性があるんです。

お店にあるWi-Fiは変えられませんが、これからWi-Fiを購入するのであればしっかり繋がるWi-Fiルーターを購入したいですよね。

会社によってWi-Fiの繋がりやすさは異なりますが、実は使う電波の周波数帯(規格)によっても繋がりやすさ、回線速度が異なります。

今回はそんな規格によるWi-Fiの特徴を紹介していきますので、Wi-Fiの購入・買換えを考えている人は参考にしてみてください!

※…Wi-Fiルーターは無線LANという大きなくくりの中にある一つ通信方法のことですが、現在ではWi-Fiと無線LANはほぼ同じものとして扱われています。

ポケットwifiのカテゴリー分け

無線LANの規格分類

無線LANの規格は

  • 11n
  • 11a
  • 11g
  • 11b
  • 11ac
  • 11ad
  • 11ax

の7つがあり、それぞれの規格によって2.4GHz・5.0GHz・60GHzと周波数帯が異なります。

無線LANが一番初めに使っていた周波数帯は2.4GHzでしたが、2.4GHzは他の家電(電子レンジやBluetooth)と電波干渉して通信速度の妨げになる可能性があるため、それを解消するために登場したのが5GHz周波数です。

規格によっては2.4GHzと5.0GHzの2種類の周波数が出るルーター(機体)もあります。

周波数帯がちがうとどうなるのか?

2.4GHz・5.0GHz・60GHzの3種類の周波数帯にはそれぞれ強み弱みが存在します。

2.4GHz メリット:
障害物に強く部屋をまたいでも電波が入りやすい。デメリット:
2.4GHzの周波数はWi-Fi以外にも多くの機体が使っているため、電波干渉が起こりやすく、通信速度が低下しやすく不安定。
5.0GHz メリット:
無線LAN専用の周波数帯なので、家電製品などの電波干渉は少ない。デメリット:
障害物に弱く、電波の通信距離が短い。そのため部屋をまたいだり、階が違うと電波が入りにくい。
60GHz メリット:
無線LANの中でも使用されることが少ない周波数帯のため、他の機体の電波干渉を受けにくい。デメリット:
もっとも障害物に弱く、部屋が異なると電波が繋がりにくい。

そしてさらに規格により、使える周波数帯・通信速度が大きく異なります。

規格(ルーター) 周波数帯 最大通信速度
11b 2.4GHz 11Mbps
11g 2.4GHz 54Mbps
11a 5GHz 54Mbps
11n 2.4GHz 600Mbps
5GHz
11ad 60GHz 6.8Gbps
11ac 5GHz  6.9Gbps
11ax 2.4GHz 9.6Gbps
5GHz

 

どのWi-Fiルーターがおすすめ?

ここまでの解説でお分かりいただけたと思いますが、実用性を考えると5GHzが一番使いやすいと思います。ですので、5GHzが使えてかつ通信速度が早い11ac・11axの機体を選ぶとよいでしょう。

具体的なものをあげますと、、、

高速接続・2階建以上の家庭におすすめなルーター

  • 高速接続を求める方
  • 同時接続台数(同時利用人数)が多い方
  • 一軒家など階が分かれている(2階建以上な)方

におすすめなルーターを紹介します。

NECならAtermシリーズである【Aterm WG2600HS】がおすすめです。

NEC
¥8,466
(2019/08/19 16:43:12時点 Amazon調べ-詳細)

接続可能デバイスは18台・通信速度は1.7Gb
金額は12,000円程度です。

 

Buffaloなら【WSR-A2533DHP2-CB】が最新規格をサポートしている機種です。

接続可能デバイスは18台・通信速度は1.7Gb
金額は11,000円程度。

どちらも3階建てまで対応していますので、現在「家の中で繋がらない部屋がある」という人におすすめのWi-Fiルーターです。

安く・3人以下での利用を考える方へおすすめなルーター

  • 家がマンションなど階が分かれていない方
  • 接続台数がもう少し少なくていい方

はもう少し安価なものでもいいでしょう。

NEC
¥3,540
(2019/08/19 16:43:13時点 Amazon調べ-詳細)

接続可能デバイスは9台・通信速度は869Mb(0.8Gb)

と若干性能は劣るものの
金額は3,000円程度と非常にリーズナブルになります。

自分で選びたいという方へ簡単な選び方

メーカーや機体による細かい機能で選ぶといつまでたっても決められないのでわかりにくいので、通信速度が早く最新規格である11ac・11axを使えるルーターの中から選ぶと良いでしょう。

RELATED POST
Translate »