格安sim

そもそもSIMって?格安SIMってなに?

近年話題の格安SIMですが、その言葉の意味って理解していますか?

私は初めて「格安SIM」という言葉を聞いた時、

「そもそもシーアイエムって何…?」

という感じでした。

格安SIMは上手く利用することで月々のスマホ料金を大幅に削減できますが、よくわからないままだと乗り換えにも足踏みしてしまいますよね。

そこで今回は、「SIM」や「格安SIM」の意味についてわかりやすく解説していきます。

この記事を読めば、格安SIMに関する基礎知識はバッチリです!

SIM=スマホの身分証明書

SIMとは、スマホの電話番号や通信情報を記録したICチップのことです。言わばスマホの身分証明書ですね。ちなみにSIMの呼び方は「シム」です。

SIMは通信業者(docomo、au、SoftBankなど)毎に発行されています。つまり通信業者を乗り換えると、SIMを新たに発行することになります。

SIMがなくても、スマホ本体のカメラや既にインストールしてあるアプリは使用可能です。ただし通話や通信は一切できません。SIMを差し込んで初めて個人情報が認識され、スマホ本来の通話や通信といった機能が使えるようになります。

ヨンダリ
ヨンダリ
スマホにとってSIMってすごく大事なんだね!

格安SIMは、格安料金でスマホを利用するためのSIM

格安SIMとは、格安通信業者が発行するSIMのことを言います。つまり格安通信業者と契約した時にもらえるのが格安SIMです。格安SIMを利用すると、大手3社(docomo、au、SoftBank)よりも格安でスマホが利用できます。

格安SIMは単体でも販売されており、今使っている端末に格安通信業者のSIMを挿入することでも、スマホ料金を削減できます。
(ただし現在使っているスマホ端末が、挿入するSIMカードを問わない「SIMフリー」である場合のみ。)

SIMフリーについて詳しくはこちらの記事でどうぞ。
格安SIMを使えるスマホやロックフリー化の方法

格安の仕組みは「通信の設備」

格安SIMの格安の仕組みは通信の設備にあります。大手通信業者は自社で通信回線を持っているのに対し、格安通信業者は自社で通信回線を持っていません。

ではどうやってサービスを提供しているのかというと、大手通信業者の回線をレンタルしています。新たに通信設備を立ち上げるコストがかからない分、消費者に対しても格安のプランを提供できるという仕組みです。

月々1,000円以下で利用できる格安SIMも

格安SIMはデータ通信のみ(通話機能なし)でも利用でき、安いところだと月々1,000円以下となる場合もあります。通話はLINEやSkypeのみで十分という人や、2台目のスマホを持ちたい人は、大幅にスマホ料金が抑えられますね。

月々1,000円以下で利用できる格安SIMの一例として、下記のようなものがあります。

UQ mobile

UQ communicationsが提供する格安SIMです。

データ高速プランを選べば、980円/月で月間3GBまで利用できます。

IIJmio

インターネットイニシアティブが提供する格安SIMです。

ミニマムスタートプランを選べば、980円/月で月間3GBまで利用できます。

LINE MOBILE

LINEとソフトバンクが合同で提供する格安SIMです。

LINEフリーを選べば、500円/月で月間1GBまで利用できます。

ヨンダリ
ヨンダリ
大手キャリアより全然安すぎて泣ける・・・。

SIM・格安SIMに関する用語まとめ

SIM・格安SIMに関しては、その他にもたくさんの専門用語があります。

ここではSIM・格安SIMに関する用語について解説していきます。

格安スマホ

格安スマホとは、格安SIMを適用したスマホのことを指します。格安通信業者が提供するサービス全般を総称して「格安スマホ」と言うこともあります。

MVNO

MVNOとは、格安SIMを提供する通信業者のことを指します。「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」が正式名称です。

自社で通信回線を持たず、格安で通信サービスを提供しているのが特徴です。

MVO

MVOとは、自社で通信回線を持つ大手通信業者のことを指します。日本で言うと、docomo、au、SoftBankの3社が該当します。「Mobile Network Operator(移動体通信事業者)」が正式名称です。

MVNOと比べて料金面は劣りますが、古くからサービスを提供しているため知名度・信頼度は圧倒的です。

SIMフリー・SIMロック

SIMフリーとは、SIMの適用制限が解除されており、どんなSIMでも適用できる端末を指す。SIMロックはその逆で、自社が販売した端末には自社のSIMしか適用できないように制限することを言います。

もともとSIMロックは、大手通信業者が他社への顧客流出を防ぐのを目的に適用しているものでした。しかし2018年に総務省が「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」を改正したことで、2019年9月1日以降は全ての端末のSIMロック解除に対応することが義務づけられています。

白ロム

白ロムとは、SIMが入っていないスマホ端末のことを指します。ヤフオクやメルカリなどの通販サイトでよく用いられる言葉です。白ロムを購入した利用者は、現在使っているスマホのSIM、もしくは別途契約したSIMを用い、端末を利用します。

IP電話

IP電話とは、インターネットに接続して通話ができる電話サービスのことを指します。代表的なサービスとしてはLINEやSkypeなどがあり、データ通信のみで契約した格安SIMとの相性が非常に良いです。

また近年は各MVNOが独自のIP電話サービスの提供を開始し、格安で「080」や「090」の番号に電話がかけられるサービスも普及しています。

格安SIMの通話に関して、詳しくはこちらの記事をどうぞ。
格安SIMでも「電話かけ放題」が使えるおすすめキャリアを紹介!

キャリアメール

キャリアメールとは、大手通信業者が提供している独自のメールサービスのことを指します。具体的には「〜@docomo.co.jp」や「〜@ezweb.ne.jp」をアドレスとしたメールサービスのことです。

格安SIMに乗り換えると、キャリアメールは使えなくなります。数年前まではキャリアメールが使えないというデメリットが、格安SIMへの乗り換えにあたって大きな壁となっていました。しかし近年はLINEアプリの普及で、そもそもキャリアメールを使っている人がほとんどいなくなり、格安SIMの利用者が増えたという背景もあります。

まとめ:格安SIMに乗り換える前に、基礎知識を身につけておこう!

SIM・格安SIMの意味と、それに関する専門用語について解説しました。

基礎知識がなければ、格安SIMへの乗り換えはなかなか踏ん切りがつかないものです。しかし十分な基礎知識さえあれば、格安SIMを利用する本当のメリットが見えてくるはずです。

まずは格安SIMに関する基礎知識を身につけたうえで、自分にとって最適なスマホの運用方法を見つけましょう。

 

格安SIMは単純に金額だけで選んじゃダメ!

スマホのプランはときどきわかりにくいものもあります。単純に金額で選んで後から後悔することになるかも、、、

基礎知識をつけて自分にあった最適な格安SIMをゲットしてください!

 

Translate »