マンガ

「私の少年」高野ひと深の感想!その気持ちは恋なのか・・・

「おねショタ」という言葉があるようです。

年上のお姉さん×ショタ(未成年者までの少年)のカップリングを現わしている、そのまんまの言葉ですが・・・

「私の少年」という漫画はおねショタという簡単な言葉で片付けられない漫画です。

『このマンガがすごい!2017』オトコ編第2位です。

オトコ?

「私の少年」あらすじ

この感情は、母性?それとも--。

スポーツメーカーに勤める30歳、多和田聡子は、夜の公園で12歳の美しい少年、早見真修と出会う。

元恋人からの残酷な仕打ち、家族の高圧と無関心。

それぞれが抱える孤独に触れた二人は、互いを必要なものと感じていく--。

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
絵が美しい・・・

「私の少年」を読んで

30才の聡子と12才の真修の関係は果たして恋愛なのか?

一番気になるのはそこです。

年齢差と真修が未成年(出会った頃は小学生)ということで恋愛ではなくただ真修の家庭環境を心配しているだけだ、と思いこむようにしていた聡子は徐々に自分の気持ちに気づいていきます。

やっと自分の気持ちに正直に向き合うことができた聡子ですが、「大人」という言葉が聡子の行動のところどころへブレーキをかけます。

しかしブレーキなどかける術も知らない子供の真修は聡子でなくても眩しく感じられます。

出典:私の少年

大人としてブレーキをかけるしかない30才の等身大の聡子の姿に『このマンガがすごい!2017』オトコ編第2位という男性からの指示を集めているのです。

ヨンダリ
ヨンダリ
聡子の気持ちがあちこち刺さって痛い!

出典:私の少年

出典:私の少年

当初年上男性と年下女性のカップリング予定だったものが作者の閃きで性を換えたようです。
同じ時期に「恋は雨上がりのように」が連載を開始していて、結果おねショタで成功したと言えます。

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
真修の気持ちにやっと応えることができた聡子だけど、まだまだ越えなければいけない難関はありそう!

「私の少年」を読んだ人におススメ

ヨンダリ
ヨンダリ
おじさんと少女の物語!

 

RELATED POST
Translate »