格安sim

1000円以下で格安SIMを使う方法を紹介!【LINEモバイル、DMMモバイル、mineo】

格安スマホというとなんとなく「安いんだろうな〜」という印象がありますが、、、

中には1000円以下で契約できるものもあります。

そう聞くと皆さんは

「そんなに安くして使い物になるの?」

とおもいませんか?

結論は「1000円以下でも可能」という驚くべきものですが、1000円以下でどのくらいスマホを使えるの?どのプランがおすすめ?どの会社がおすすめ?などについて書いていくので、ぜひ最安プランにするのに参考にしてくださいね。

ヨンダリ
ヨンダリ
1000円以下ってマジ!?と思いますが、マジです。

月々1000円以下の格安スマホってほんと!?

格安スマホには様々なプランがありますが、だいたい月々2000〜3000円程度になります。

しかし「とにかく安いプラン」を探せば、月々1000円以下になるプランもあります。

以下でいくつか代表的な格安スマホ会社&プランを紹介していきます。

LINEモバイルのLINEフリープランは500円/月

格安スマホの代表格の一社である「LINEモバイル」の「LINEフリープラン」なら月々500円で利用することができます。

500円で利用できることは限られていますが、お子さんに持たせる用や、2台目として持つ分には十分なプランです。

具体的には、500円/月でネットの容量は1GBです。1GBは、YouTubeなら4時間は見ることができるくらい、ホームページは3000回以上は開けるくらいです。

また、このプランは「LINEアプリの使用料は無料」なのでとても便利です。LINEアプリだけであれば、チャットも、通話も無料なので、1GBの容量を消費することなく、最低限の連絡を取り合うことができるのでとても便利です。

注意点として、LINEフリープランには3種類のSIMがあります。

・データのみ(500円/月)
・データのみ(SMSつき)(620円/月)
・データ+音声通話付き(1200円/月)

上に書いたように、LINEアプリでのチャット、通話は無料なので、500円のデータのみプランでもIP通話はできます。

しかし電話番号での電話がしたいのであれば音声通話付きSIMにする必要があります。そしてショートメッセージ(SMS)での認証をする機会があるのであれば、SMSつきプランにする必要があります。

詳細ページ公式ページ

DMMモバイルのライトプランは440円/月でネット使い放題!

DMMモバイルのライトプランであれば、440円/月で、ネットが使い放題です。

もちろん通常の速度ではなく、200Kbpsという速度です。これはいわゆる「通信制限」がかかった状態の速度です。動画を見たりホームページを閲覧するのはとてもしんどい速度です。

その代わり、LINEやカカオトークなどのチャットアプリの利用は可能ですし、Twitterなどの文字主体のSNSなら利用できます。

ネットの速度が最低とはいえ、Wi-fiのある環境では快適にネットできる、という点も覚えておくとよいでしょう。

ちなみにDMMモバイルのライトプラン440円/月も、通話はできないプランです。音声通話も使う場合は、1140円/月となります。

詳細ページ公式ページ

LINEモバイル、DMMモバイルは、他にもSNSが無料で使えるプランもあるのでおすすめです。

SNS利用が無料になるプラン比較!DMMモバイルとLINEモバイルお得なのはどっち?格安スマホに変更するにあたって、 LINEもTwitterも、FacebookもInstagramもデータ使用料が無料になる方法がある...

mineoのシングルタイプは700円/月!

mineoには、月間500MBのみの「シングルタイプ」が用意されています。こちらも、音声通話はついていないプランです。

mineoは他の会社とは違い、それぞれのネット容量をお互いに分け合ったり、他人から購入したりするプランもあるので、それらと併用することで賢く利用することもできます。

詳細ページ公式ページ

1000円以下の格安スマホの注意点

上記の会社以外でも、1000円/月以下の料金で利用できる格安スマホプランは複数あります。

このようなプランでは、何点か気をつける点があるので、紹介します。

1000円以下のプランでは、ネットの容量が少ないor速度が遅い

1000円以下のプランでは、ネットの利用容量が非常に少ないか、速度が極端に遅いかのどちらかです。

どちらの場合でも、動画をガンガン見たり、写真の多いSNSを快適に閲覧することはほぼできません。

そのような使い方をしたい場合は、Wi-fi環境下で行うことをおすすめします。動画や音楽をスマホにダウンロードして外出先で見ることもできます。

1000円以下のプランでは音声通話はできない

1000円以下のプランでは、電話番号を使った通話はほとんどできません。LINEなどのIP電話は可能ですが、IP電話では電話できない番号もありますし、音質も悪い場合が多いです。

頻繁に音声通話を使う場合は、1000円以上のプランにする必要があります。音声通話つきでも、1000〜1500円程度で用意されていることが多いです。

アプリやOSのアップデート、更新はWi-fi環境で

どんなスマホでも、OSやアプリの更新を定期的に行う必要があります。更新には、大きなデータ容量を必要とします。

意識していないと、貴重なデータ容量をアプリ更新だけで使い終えてしまうこともあります。OSやアプリのアップデートは、Wi-fiのある場所で行うことを意識しましょう。

同様に、新しいアプリをダウンロードするときもWi-fiのある場所で行いましょう。

1000円以下の格安スマホを上手に使うコツ

このように、1000円以下のスマホはかなりクセがあり、普通のプランのように快適に使うには難しい面が多いです。

この記事の最後に「1000円以下のプランでも快適に使うためのコツ」を紹介します。

WiFiのあるところで使う

Wi-fiをいかにうまく使えるか?が、1000円以下プランの最大のポイントです。自宅や会社など、いつも自分がいる場所にちゃんとしたWiFiがあればかなりラクになります。

カフェや駅のWi-fiでも構いませんが、不安定だったり登録が必要だったりと、あまり快適とは言えません。もしWiFiのためにカフェで300円でも使おうものなら、なんのために1000円以下のプランにしているかわからなくなります。

もしあなたが、自分のメインスマホを1000円以下で使いたいのなら、日常的に使える安定したWiFiがないと、非常に厳しいでしょう。

ポケットWi-fiを持ち歩く

ポケットWiFiを日常的に持ち歩いている方であれば、1000円以下のスマホを使うのは全く苦ではないでしょう。

ほぼ全てのネット通信をポケットWi-fi経由で行うことで、快適にスマホを使うことができます。音声通話ができないことだけがネックなので、その点だけ気をつけることができれば1000円以下のスマホとポケットWi-fiの組み合わせは、現実的なものとなります。

また、ポケットWiFiと似ていますが、1台目のスマホでテザリングして2台目のスマホを1000円以下で運用することも可能です。

2019年のおすすめポケットWiFiについては、以下の記事にまとめています。

ポケットwifiを徹底比較。2019年のおすすめはコレだ!外で作業をするときに必要となるのがポケットwifiですが、いろいろなところがwifiを出していて結局何を選べばいいかわかりませんよね。 ...

お子さんや年配の方に

どのプランでも、LINEなどのチャットサービスを使うことはできます。お子さんとの連絡や、年配の方との最低限のやりとりができればいい、という方にとっては1000円以下のスマホプランはとても助かります。

理想的には通話もできた方がいいので、その場合はLINEのフリープランがおすすめです。

仕事用や、2台目として

1000円以下のスマホを持つ方の中には、仕事用やプライベート用を分けるために、2台持ちする方もいるかもしれません。

2台目だとすれば、1台目のスマホでテザリングすることで2台目をカバーすることもできるので、工夫によっては非常にお得になります。

まとめ 1000円以下スマホは十分にありうる

ヨンダリ
ヨンダリ
1000円以下スマホ、クセはあるけどナシではないよね

この記事では1000円以下で使えるスマホについて紹介しましたが、総じて「普通のプランのようにはいかないけど、1000円以下で使うのは現実的」ということが伝わったかと思います。

ぜひあなたも、1000円以下でスマホを運用して、お得に使ってみてください。

 

 

Translate »