マンガ

「SKET DANCE」篠原健太の感想!様々な要素を絡めた学園コメディもの

ギャグ漫画って自分のツボにはまるかどうかで評価の分かれるものだと思います。

そしてツボに入らない人からは酷評を受けたり・・・

そんな中、週刊少年ジャンプという王者雑誌で6年間も連載を続けていた人気作品です。

怒涛のボケとツッコミに注目!

「SKET DANCE」あらすじ

学園生活の中で、誰もが一つや二つ抱えてしまう悩みや問題。

それらを何でも解決してくれる、学園生活の助っ人になってくれるヤツらがいた!

彼ら学園生活支援部――通称“スケット団”に、今日も仕事の依頼が舞い込む!!

Amazonより引用

出典:SKET DANCE

「SKET DANCE」を読んで!

憎めない主人公3人が織りなすシュールなボケに関西弁のツッコミが入り、まるで漫才やショートコントを見ている気分になります。

基本的に1話完結なので読みやすく、時折入る謎解きやシリアス回など飽きずに読み進めることができます。

ギャグ漫画にシリアス過ぎる設定という過去編は賛否両論あるみたいですが、これも個人の好みが大きいところです。

ヨンダリ
ヨンダリ
「スイッチ」編は色々考えさせられたけどね

ただやはり回を重ねる毎にマンネリ感が出てくるのは学園ものギャグ漫画としては仕方のない事ではあります。

しかしちょっとした暇な時や、気分が沈んでいてクスっとした笑いが欲しい時、ポジティブなエネルギーが欲しい時なんかに読むのに最適な漫画といえます。

出典:SKET DANCE

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
ボッスンのテレ顔にはイラッとするけどねw

「SKET DANCE」を読んだ人におススメ

ヨンダリ
ヨンダリ
SKET DANCEのあとはまさかのSF漫画!

【マンガ】「彼方のアストラ」篠原健太の感想!マンガ大賞2019大賞受賞作品

RELATED POST
Translate »