マンガ

「ROOKIES」森田まさのりの感想!熱血王道漫画

この「 ROOKIES 」という漫画はとにかく熱い。

学生時代には、誰もが一度は思う「こんな先生がいればな~」という理想の教師像が描かれている。

決して生徒を捨てない、見下さない。

生徒と一緒に夢を語り、涙する。

こんな先生いるわけない。

漫画の世界だけ。

それは誰もが分かっている。

でも、誰もが心の奥底では欲しているのだ。

だからこそ皆、主人公川藤孝一に魅了されるのだと思う。

「ROOKIES 」あらすじ

二子玉川学園高校にやってきた新任教師・川藤幸一!

その熱血漢ぶりは、担任クラスでも好感を持って受け入れられる。

やがて不良の巣窟となっていた野球部再建に着手するが、猛反発する部員から、川藤が前の学校で“暴力教師”として学校を辞めた事を暴露されてしまった…!!

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
熱すぎる!熱血漫画だよね

出典:ROOKIES

「ROOKIES 」を読んで

前任校で生徒を殴り、学校をクビになった川藤幸一。

次の赴任先は、二子玉川学園高校。

通称、ニコガク。

真面目に高校生活をエンジョイする生徒もいれば、不良の巣窟となっている部活動もある。

川藤がニコガクに呼ばれたのは、暴力事件を起こすぐらいの腕っぷしが買われ、その力で不良達を制圧するためだった。

しかし、川藤は野球部を再建して甲子園を目指すと周囲に宣言する。

果たして、ニコガク野球部は変わるのだろうか?

夢を持てば人は変われるのだ。

何かに夢中になって、自分を変えたい。

そう思っているような読者には、ぴったりの漫画だと思う。

夢にときめいて、明日にきらめいて。

皆、そんな人生を送れたらな。

ニコガク野球部を通してそんなことを思う。

出典:ROOKIES

仲間を信じる気持ち

川藤はチームの大切さをずっと説いている。

チームとは個の集団だ。

しかし、それではチームとして体を成さない。

では、どうすればチームは1つになるのか。

それは、人と人が信頼し合うことだ。

それが、唯一にして無二の方法である。

人に信頼してほしければ、まずは自分から人を信じること。

コミュニケーションの基本である。

だが、これが難しい。

大人になっても思うことである。

例えば、皆さんの学校は、職場は1つになっているだろうか?

たいていの職場はなっていない。

ミスしたら罵しり合い、物がなくなれば疑い合う。

これが野球だったらどうだろう?

試合にすらならないのではないか?

でも、ニコガクは1つになったのである。

仲間が傷つけば声をかけ、チームのために全力を尽くした。

そうやって絆を深めていった。

大人でも難しいことを、彼らはやってのけたのである。

感動的だと思う。

一夏の夢のために、人はここまで1つになり、努力できるものなのか。

仲間のために、ここまで尽くせるものなのか。

野球を通し、日々成長する彼らを見ているとこっちまで熱くなってしまう。

仲間を思うからこそ、人は強くなりチームになれる。

青春っていいなと思う。

10代は本当に輝いている。

出典:ROOKIES

川藤幸一という生き方

夢に向かって努力する。

その努力は何物にも代え難い財産になる。

そして、そんな自分を好きになることができる。

そんな青春を送りたいだろう?

ROOKIESはそういったことを教えてくれる漫画である。

今という時間は一生に一度しかないのである。

だからこそ、高校生活という限りのある時間を大切にしてほしい。

時間を無駄にせず、今を全力で生きること。

それが、大きな未来を切り開くのだ。

「夢にときめけ、明日にきらめけ」とは、そういうことだと川藤は私に教えてくれた。

いつでも、直球ど真ん中で勝負する川藤。

「君の話を聞こうじゃないか」と堂々と河原で座り込む。

「人の夢を馬鹿にするな」と声を大にして周囲に訴える。

常に正面から生徒に向かっていき、感情を露わにするのである。

人に対し、真っ直ぐに誠意をもって生きる。

川藤のように生きられたらなと思う。

自分に正直に。仲間に正直に。

自分を信じて。仲間を信じて。

川藤のように、真っ直ぐに明日から生きていこうと思う。

だって、ROOKIESは教えてくれたから。

「人は変われる」

出典:ROOKIES

ヨンダリ
ヨンダリ
こんな大人ばかりだったらいいのにね。。。

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
最初から最後まで熱いよ!

 

RELATED POST
Translate »