マンガ

「ランド」山下和美の感想!壮大な世界観と大きな謎に魅了される物語

山下和美って「天才柳沢教授の生活」のあの人でしょ?

え??え?え?

鬼才山下和美がこの漫画で世に問うのは「社会」です。

「ランド」あらすじ

~その村では人は必ず50歳で死を迎える~。

村人を縛るしきたり、「あの世」と呼ばれる山の向こう。

双子の姉を生け贄に捧げられた少女・杏。獣の皮をかぶった役人達が取り仕切る「この世」と呼ばれる村で神に見守られて暮らす人々。

そして、不思議な山の民。
杏が見つめる先には希望も絶望もある。

この物語で描くのは、山下和美が抱く、日本という国への不安。

amazonnより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
冒頭で一気にひきこまれるよ!

出典:ランド

「ランド」を読んで

この世が本当にあるのか?そんな問いにどう答えたらいいのでしょうか。

そしてこの世から見たあの世は不可思議で変な世界・・・けれどもあの世から見たこの世もおかしい。

出典:ランド

そんな疑問を持った人間が苦悩して知らないままの人間は知らないまま幸せに暮らしている、まさに日本の姿なのでは。

「関心をもたない」というのも大きなテーマのひとつなのかもしれません。

無関心から絶望というものは生まれます。

感じようとしなかった疑問や違和感はこのまま無関心によって放置され絶望へと突き進むのでしょうか。

今一番続きが気になる漫画です。

出典:ランド

ヨンダリ
ヨンダリ
連載ペースが少し遅いんだよね・・・

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
杏とアンの関係も気になる!

 

RELATED POST
Translate »