マンガ

「掟上今日子の備忘録」西尾維新・浅見ようの感想!忘却探偵の謎は謎のまま

原作者・西尾維新は小説家です。

多作な人ですが、自身の作品の中ではクロスオーバーをしないというスタイルをとっていました。

しかし、「掟上今日子」さんの正体は西尾作品中のとある人ではないのか?という噂です。

誰なんでしょうねw

「掟上今日子の備忘録」あらすじ

記憶が一日しかもたない忘却探偵・掟上今日子(おきてがみ・きょうこ)が、忘れる前に最速で事件を解決する!!!

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
記憶が1日でリセットされるのでその日のうちに解決するしかない、って凄いなおい

「掟上今日子の備忘録」を読んで

忘却探偵今日子は最速探偵とも呼ばれます。

記憶がリセットされるのですからリセットされる前に謎は解き明かさないといけないのです。

そして今日子の「備忘録」は身体です。

自身の身体に自分で書いたメモでのみ、忘れてしまったものを信用することができます。

ヨンダリ
ヨンダリ
ドキドキするシーンもあるよ!

出典:掟上今日子の備忘録

便利になった世の中への注意喚起という側面もあるのかもしれません。

物語はテンポよく進みます。全て1日で解決しなければいけないのでテンポ良く進むしかないのです。

出典:掟上今日子の備忘録

なぜ天井にこのような言葉が書かれているか、の謎は漫画では明かされていません。

気になる方は小説を、ということでしょうか。

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
掟上今日子とはいったい誰なのか?謎がいっぱい!

「掟上今日子の備忘録」を読んだ人におススメ

最後に「掟上今日子」とは誰なのか?

西尾維新作品の『化物語』の中に登場する羽川翼なのでは?とファンの間では噂されています。

羽川翼は高校を卒業したら海外へ行く=今日子を海外でみかけた人がいる。

高校時代羽川翼の髪は白黒のまだら模様=今日子は白髪

羽川翼は脳を売ったことがある=今日子の記憶がリセットされる

など、もしかしたら海外へ行った羽川翼が今日子になったのでは?と思わせるところが多数あります。

作者本人は否定しているのですが、気にはなるところです。

ヨンダリ
ヨンダリ
でも羽川翼はドヤ顔しないんだけどなあ・・・
RELATED POST
Translate »