マンガ

「空電ノイズの姫君」夏目景の感想!ノイズが音楽になる物語

音が聞こえる漫画!

3巻完結なのになぜか中途半端なところで終わっていると思ったら掲載誌の休刊により掲載誌と出版社が変わるという悲しい運命ですが、続きが読めるのはただただ嬉しい!

講談社イブニングで「空電の姫君」として連載中です。

「空電ノイズの姫君」あらすじ

ミュージシャンの父と二人暮らしの女子高生・磨音。

一人でいることが好きな磨音は、父の影響もあってかギター演奏が大好き。

ある日、朝早く登校すると、教室からは美しい歌声が。

見ると、美少女が歌を歌っていた。

その美少女、転校生の夜祈子と次第に仲良くなる磨音。

ある日、磨音はプロのバンドをめざし、ギターを探している大学生・高瀬たちと出会うが!?

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
ストレートパーマは似合わないと思うよ!

出典:空電ノイズの姫君

「空電ノイズの姫君」を読んで

連載誌のコミックバーズは休刊となったのですが、ほとんどの作品がWebコミック誌の「デンシバーズ」にそのまま連載という形になったのに、作者の夏目景の「紙で描きたい」という拘りから違う出版社での連載となりました。

確かに紙書籍の拘りって今はあまりないのかもしれません。

けれどもこのマンガは紙で読みたくなります。古いという意味ではなく。

たまたま暇つぶしに読んだ漫画本をパラパラ読んでいて、この漫画を見つけて衝撃を受ける!というようなストーリーが似合うw

出典:空電ノイズの姫君

磨音の生い立ちも夜祈子の生い立ちもまだまだ語られておらず、ところどころに出てくる意味深な描写が気になるとことですが、それよりも演奏シーンが凄い!

音が聞こえるんですよ。

そして何より楽しそう。音楽をやる人はこんなに楽しいのか、とこちらまで楽しくなります。

出典:空電ノイズの姫君

ヨンダリ
ヨンダリ
ヨキコはバンドに加入するのか?するんだろうなあ、楽しみ!

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
ギターケースを背負っているマオの姿が超リアル!

「空電ノイズの姫君」を読んだ人におススメ

ヨンダリ
ヨンダリ
第二部スタート!

 

RELATED POST
Translate »