マンガ

「凪のお暇」コナリミサトの感想!空気読みすぎ系女子という現代病をリアルに描写した漫画が実写ドラマ化!

何かを気にしすぎる人にとってこの漫画は共感できるものだと思います。

ただその共感がリアルすぎて「痛み」になるのか自分だけではないという「安心」になるのか気になるところです。

「マンガ大賞2018」第3位。実写ドラマ化、といま話題の作品。

実写ドラマはTBSで2019年7月19日スタートしました。

凪役は黒木華、慎二役は高橋一生、ゴン役は中村倫也となっています。

ゴン役の中村倫也が「ハマり役だ」と言われています!

「凪のお暇」あらすじ

場の空気を読みすぎて、他人にあわせて無理した結果、過呼吸で倒れた大島凪、28歳。

仕事もやめて引っ越して、彼氏からも逃げ出したけど…。

元手100万、人生リセットコメディ!!

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
全てをリセットしたい気持ちって誰にでもあるよね!

出典:凪のお暇

「凪のお暇」を読んで

「あれ?息ってどうやってするんだっけ?…
空気は読むものじゃなくて、吸って吐くものだ」

空気を読み過ぎて「わかる~」としか言えなかった凪が自分で息をしていこうと決意して瞬間の言葉がとても良い。

出典:凪のお暇

そして傍若無人に思える慎二は実は凪と同じく空気を読むタイプで・・・。

2人とも本当に言いたいことが素直に言えずにすれ違ってしまいます。

本心をちゃんと伝える、ということがどんなに大事なのかを訴えかけてくる作品です。

すれ違いの人間模様だけではなく、凪が会社をやめて”都落ち”した立川の生活がとても豊かです。

もちろん会社をやめたことによって無職となり貯金を切り崩す生活には金品的な豊かさはないのですが、あるもので暮らしその暮らしを楽しむという人間的な豊かさが感じられます。

人を見かけや噂で判断してはいけないという当たり前のことすらできていなかった自分を反省し成長していく凪の姿に勇気づけられる人もいるのではないでしょうか。

慎二の背景や関係もまだまだ一波乱も二波乱もありそうでこの先の展開がとても楽しみです。

出典:凪のお暇

ヨンダリ
ヨンダリ
とりあえず1巻だけでも黙って読んでみて!

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
絵柄が古い少女漫画チックでここが好みのわかれるところかも!
RELATED POST
Translate »