マンガ

「岸辺露伴は動かない 密漁海岸」荒木飛呂彦の感想!パール・ジャムは最強のスタンドではないのか

岸辺露伴が主人公のスピンオフ作品の中のひとつ。

この作品には人気キャラクターのトニオ・トラサルディーが登場します。

トニオが露伴に持ち掛けた話とは?

「岸辺露伴は動かない 密漁海岸」あらすじ

露伴は、杜王町のイタリアンレストラン「トラサルディー」にて食事をした際、その店の料理人トニオ・トラサルディーにクロアワビの入手を手伝ってほしいと頼まれる。
トニオによると杜王町のヒョウガラ列岩という場所で採れるアワビは世界中のどこにもない特別なアワビであり、それさえあれば自身の生涯で最高の特別料理を作ることができるのだという。
しかし、あまりに貴重であるため地元の漁師からもアワビを売ってもらえず、それでも入手したいトニオは杜王町の歴史書から「芸術」とも評される密漁の手法を発見し、それを露伴とともに実行しようと持ちかける。
露伴は好奇心からそれを了承し、トニオと共にヒョウガラ列岩へと密漁に向かう。
Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E8%BE%BA%E9%9C%B2%E4%BC%B4%E3%81%AF%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84 

ヨンダリ
ヨンダリ
露伴先生のファンなら絶対に読んで!(読んでるか)

出典:岸辺露伴は動かない

「岸辺露伴は動かない 密漁海岸」を読んで

今回はトニオ・トラサルディーが杜王町に来た理由も明らかになるので、トラサルディーのファンも必見です。

トラサルディーの作ったアワビのリゾット冬瓜入りがえちゃめちゃ美味しそう。

出典:岸辺露伴は動かない

トラサルディーの出番を待ち望んでいた人にはとても嬉しい作品です。

常識的だと思っていたトラサルディーが、密猟を露伴先生に持ち掛けるという話です。

違法なことを持ち掛けているときの会話が流れるように読めて面白い。「オイオイオイオイオイオイ」のあたりが露伴先生っぽくて、ベネ(良し)。

出典:岸辺露伴は動かない

敵はスタンドではないのか?なかなか息もつかせぬ展開です。

ヨンダリ
ヨンダリ
あー苦しかった

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
ナアナアナアナアナアナアナアナアナアナアナアナアナアナアナアナアナアナア

「岸辺露伴は動かない 密漁海岸」を読んだ人におススメ

岸辺露伴は動かない第2巻」荒木飛呂彦の感想!歩きスマホはダメ、ゼッタイ

「岸辺露伴グッチへ行く」荒木飛呂彦の感想!岸辺露伴が主人公のスピンオフ作品

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」荒木飛呂彦の感想!露伴先生と印刷好きは必見!

 

RELATED POST
Translate »