マンガ

「空挺ドラゴンズ」桑原太矩の感想!おいしく龍を食べる方法を知りたいときに読む漫画

い、い、い、い、い、いまさら気づいてしまいました。

「空挺ドラゴンズ」の”空挺”は”食いてぇ”に掛かっていることを!

龍を捕まえて暮らしているという世界観にグルメ!?

「空挺ドラゴンズ」あらすじ

龍を追って、世界の空を往く捕龍船『クィン・ザザ号』。

大物を捕まえれば一獲千金、獲りたての肉も食べ放題。

でも、失敗したらもちろんお陀仏。

空と龍に魅せられた乗組員たちの大冒険の旅&世界グルメ紀行!

amazonnより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
龍の種類も色々いて面白い!

出典:空挺ドラゴンズ

「空挺ドラゴンズ」を読んで

捕龍船に乗って龍を捕まえ、解体し、売る、食べるの繰り返しなのに物語に引き込まれます。

一見して感じたのは「風の谷のナウシカ」

出典:空挺ドラゴンズ

風の谷のナウシカを読みやすくかみ砕いてグルメ要素も入れてみました、風味なのでとにかく「龍」がおいしそう、というより乗組員の”ミカ”がとてもおいしそうに龍を食べます。

そして書き込みの線の量!

作者桑原太矩は武蔵野美術大学出身だそうで・・・ものすごく緻密な絵を描いています。

そのままイラスト集としても飾れるくらいの絵の綺麗さです。

担当編集からも「世界観に合わないから、定規を使わないでくれ」って指示されました。この時代のものは人工物も手作りじゃないですか。なので「定規はそれを殺す」と。

宮崎駿先生の影響はめっちゃ受けています(笑)。『風の谷のナウシカ』も、手癖で描いた線がそのままたくさん残っています。それでもいいなって思えたからこそ、『空挺ドラゴンズ』の絵柄もできたんだと思います。

【インタビュー|前編】『空挺ドラゴンズ』桑原太矩 「冒険ではなく、日常ものとして描く」

登場人物たちの背景も少しづつ語られてきて、これからの展開が気になる作品です。

出典:空挺ドラゴンズ

ヨンダリ
ヨンダリ
とにかくお腹がすくよ!

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
空を飛んでみたい!

「空挺ドラゴンズ」を読んだ人におススメ

ヨンダリ
ヨンダリ
「風の谷のナウシカ」はすっごい読みにくい漫画ですwww

 

RELATED POST
Translate »