マンガ

「岸辺露伴は動かない第2巻」荒木飛呂彦の感想!歩きスマホはダメ、ゼッタイ

「岸辺露伴は動かない」はマンガ家の岸辺露伴がネタ集めの際に遭遇した奇妙な出来事を、露伴自身が語り部となって描かれるオムニバス形式の漫画です。

なのでどこから読んでも楽しめる作品です。

掲載誌も様々で中には少女漫画雑誌の別冊マーガレットも。

「岸辺露伴は動かない第2巻」あらすじ

杜王町在住の人気漫画家・岸辺露伴。

作品づくりに一切の妥協を許さない彼が、様々な取材先で出会った尋常ならざる体験とは…!?

シリーズ第2弾は『望月家のお月見』『月曜日 天気-雨』『D・N・A』『ザ・ラン』の4編を収録。

ヨンダリ
ヨンダリ
JOJOファンには絶対おススメ!

出典:岸辺露伴は動かない2

「岸辺露伴は動かない第2巻」を読んで

ジョジョの奇妙な冒険の本編よりも「奇妙」だと感じる作品の第2巻。
今回も短編となっていて『望月家のお月見』『月曜日 天気―雨』『D・N・A』『ザ・ラン』の4作品が収録されている。

1巻よりも、日常に近いところで奇妙な事が起きるので、なおさら奇妙さが増している。

『月曜日 天気―雨』
駅で人にぶつかる。1~2回なら誰もが体験している自然なことだろう。だけど、何人もがぶつかってきたら?
誰がスタンド使いなのか?どこから攻撃をされているのか?
原因が分からずハラハラしながら、先が気になってページをめくらずにはいられない作品

現代でありがちなシチュエーションだけに、かなり感情移入ができます。

あなたも人にぶつかるなと感じたら注意した方がいいのかもしれません。

出典:岸辺露伴は動かない2

『ザ・ラン』
最後までうまい。橋本陽馬という爽やかイケメンとの勝負。この人も現実にいそうだなと思えるところが奇妙で怖いところ。

ボルダリングを知らない人にとっては頭おかしい行為なんだけど、好きな人にとっては実は理想のマンションです。

出典:岸辺露伴は動かない2

荒木飛呂彦はボルダリング好きの人の気持ちをよく分かっているようです。

『望月家のお月見』のとばっちりをくらう人と、『月曜日 天気―雨』での電車の止め方が容赦なさすぎです。

荒木飛呂彦はいつも斜め上行くなーと笑えます。決してギャグ漫画家ではないのにね。

ヨンダリ
ヨンダリ
4編とも全部違った味わいで楽しめるよ!

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
「ウサギ(?)」が本当にかわいくないw

「岸辺露伴は動かない第2巻」を読んだ人におススメ

「岸辺露伴は動かない 密漁海岸」荒木飛呂彦の感想!パール・ジャムは最強のスタンドではないのか

「岸辺露伴グッチへ行く」荒木飛呂彦の感想!岸辺露伴が主人公のスピンオフ作品

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」荒木飛呂彦の感想!露伴先生と印刷好きは必見!

RELATED POST
Translate »