マンガ

今週の新着漫画4選 ミスミソウ/予告犯/ドロヘドロ/ぼくらの

漫画を今週も読みました。気に入った漫画を何度も読む習性があるので、基本的に半分かそれ以上はヘビロテ漫画を読みあさります。

それ以外の時間で、新しい漫画・今まで読んでいなかった漫画などに手を出しているのがぼくの漫画スタイルです。

早速、今週の新着漫画でオススメ出来そうな3タイトルをご紹介します。

ミスミソウ 押切蓮介 (3巻完結)

廃校が決まっている田舎の中学校に転校した春花。最後の卒業生となるクラスで春花を待っていたのは、鬱屈した環境の中、静かに狂い始めたクラスメイトによる凄惨なイジメだった――。

Kindle版だったので、全3巻です。サクッと読めたんですが…。

ミスミソウ1巻

押切先生と言えば「ハイスコアガール」「でろでろ」が有名で、恐らくほぼ同じ時期にゲーセン通っていたなぁなんて思いながらホコホコして読んでいるのが好きなんですが、本作品はちょっと毛色が違うぞと。

のっけからイジメられてるぞ、と。

儚げな少女を描写させたら本当に上手なので、ついついこうした少女を見ていて「くっ…」と胸を焦がした男性読者は多いと思うのですが、いきなりの急展開でケツが浮くこと間違いないです。

1巻ごとの急展開で、飽きることなく一気に読めちゃいました。

ただ、展開と読後感は、もう…ダメ…。ぼくはコレ系苦手です。うう…。

胸くそ:★★★★☆

 

予告犯 筒井哲也 (3巻完結)

2015年6月6日に生田斗真主演の映画化作品が公開された。翌6月7日からは東山紀之主演でオリジナルストーリーのテレビドラマも放送されている。
インターネット動画投稿サイトで犯行予告動画を投稿する謎の男。果たして予告された事件は起きるのか…!? 高度に情報化された現代のテロリズムを描く、緊迫のサスペンススリラー開幕!!

って言う。

へえ~なんて思いながら読み始めました。前情報無しで読み始めて表紙もよく見ずだったので、「サイコメトラーおわったっけ?続編?」なんて思いながらページを繰っていましたよ。

ストーリー自体はよくあるサイバー犯罪系。こちらも全3巻と短めでサクッと読めました。

「思ったより」途中の展開でアガりまして、良い勢いで読み切ることが出来ました。

うん、面白い。

オススメ:★★★☆☆

 

ドロヘドロ 林田球

「魔法使いの世界」から来た魔法使いによって、頭を爬虫類に変えられ、記憶を失った男、カイマン。そしてその友人、ニカイドウ。カイマンの口の中には謎の男が存在している。カイマンは自分の頭を元に戻すために、そして記憶を取り戻すためにニカイドウと共に「ホール」にやって来る魔法使いを狩っていく。彼は何者なのか、なぜ記憶がないのか、口の中の男は誰なのか。それはまだ……混沌の中それが……ドロヘドロ!

『ワニ頭のヒーローが魔法使いと戦い、餃子を食べる』がキャッチコピー。登場してくる女子は全員イイ感じ。

うう、疲れる…。未完でこれなのか…。世界観は独特でキャラも魅力はたっぷりだけど、謎謎謎な設定と目的とストーリーは、一気読みするのには疲れました。読む人を選ぶ感じですね。

不思議:★★★★☆

 

ぼくらの 鬼頭莫宏 (全11巻)

夏休み、過疎地の村へ“自然学校”にやってきた少年少女15人。1週間が経ったある日、海辺の洞窟へ探検に入った一同は、その奥にコンピューターを持ち込んで住んでいた謎の男・ココペリと出会う。彼は自分が作ったゲームをやらないかと誘い、宇白可奈を除く14人の中学1年生が同意して契約を結ぶ。半信半疑で宿舎に戻った一同だったが、その日の夕刻、大きな物音と共に巨大ロボットが現れて…

なんだ、いつものエヴァか…って思ってたら、人間ドラマありの謎解きありの、想像の斜め上な設定と展開で、面白かったです。けど、やっぱりぼくはハッピーエンドで大円団、が好きなんだなあ。

オススメ:★★★☆☆

 

今週は、白メガネ的には小粒揃いでした。

もっと面白い漫画を求めて、今日もまたページを繰ろう。

RELATED POST
Translate »