マンガ

【マンガ】「違国日記」ヤマシタトモコの感想!ただ寄り添い静かに肯定してくれる優しさを描いた物語

交通事故で亡くなった姉の遺児に悲しい?と問われたとき。

「…嘆かわしいことに全く悲しくない…わたしは姉を嫌いだったから……あなたを気の毒だと思うぶん…それが悲しい…」

この言葉を薄情だと思いますか?

違国日記 4 (フィールコミックスFCswing) [ ヤマシタトモコ ]

¥734
(2019/06/25 10:28:03時点 楽天市場調べ-詳細)

本心は人を傷つけることもありますが、助けることもあるのです。

「違国日記」あらすじ

35歳、少女小説家。
(亡き母の妹) 15歳、女子中学生。
(姉の遺児) 女王と子犬は2人暮らし。

少女小説家の高代槙生(こうだいまきお)(35)は姉夫婦の葬式で遺児の・朝(あさ)(15)が親戚間をたらい回しにされているのを見過ごせず、勢いで引き取ることにした。しかし姪を連れ帰ったものの、翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。槙生は、誰かと暮らすのには不向きな自分の性格を忘れていた……。
対する朝は、人見知りもなく、“大人らしくない大人”・槙生との暮らしをもの珍しくも素直に受け止めていく。

不器用人間と子犬のような姪がおくる年の差同居譚

https://amzn.to/2WUQ80X

ヨンダリ
ヨンダリ
「女王」という言葉の強さ!

出典:異国日記

「違国日記」を読んで

小説家の槙生と母を亡くした15歳の朝が、一緒に生活しながらお互いに影響しあって成長していく作品。

登場人物の気持ちの描写が丁寧で、引き込まれます。

身近な人が亡くなったとき、感傷に浸ることもできないときもあって、でもふとしたときに思い出したり・・・それでも自分の毎日はただただ続いていく。
そんなところがとてもリアルです。

自分の中のしんどさを少しずつ受け止めながら変化していく登場人物を、いつまでも見守っていたい気分になります。

自分の感情とこんな風に向き合えばいいのか、子どもの人格をこんな風に尊重すればいいのか、と大切なことに気づかされる漫画です。

出典:異国日記

出典:異国日記

何と言っても、主人公の槙生が魅力的。

不器用で人と関わるのが苦手なんだけど、誰よりも人を大切にしている槙生。彼女の考え方が、じわじわと心に浸透していきます。

ヨンダリ
ヨンダリ
言葉の選び方?使い方がとてもキレイ!

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
人間関係に疲れたり、消耗して生きている人におススメ!

違国日記 4 (フィールコミックスFCswing) [ ヤマシタトモコ ]

¥734
(2019/06/25 10:28:03時点 楽天市場調べ-詳細)

「違国日記」を読んだ人におススメ

「さんかく窓の外側は夜」ヤマシタトモコの感想!人間が引き起こす悪意の発露とは

さんかく窓の外側は夜(7) (クロフネコミックス) [ ヤマシタトモコ ]

¥708
(2019/06/25 15:46:18時点 楽天市場調べ-詳細)

ヨンダリ
ヨンダリ
同じ作者だけどジャンルが全然違う!

 

 

Translate »