マンガ

「岸辺露伴グッチへ行く」荒木飛呂彦の感想!岸辺露伴が主人公のスピンオフ作品

グッチ設立90周年の記念作品として女性向けファッション誌「SPUR」2011年10月号の特別企画として掲載されました。

ちなみに「SPUR」は「シュプール」と読みます。(豆)

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」の続編となります。

「岸辺露伴グッチへ行く」あらすじ

露伴は、祖母の形見のバッグに金目の物を入れると消えてしまう謎の現象を直してもらうために、イタリアのフィレンツェにあるグッチの工房を訪れる。

グッチの職人は難色を示すが修理を引き受け、露伴は修理されたバッグを持って帰るが、後になってそのバッグに隠された秘密を知ることになる。

Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E8%BE%BA%E9%9C%B2%E4%BC%B4%E3%81%AF%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84

ヨンダリ
ヨンダリ
グッチのファッション×露伴先生がみどころだよ!

出典:SPUR

「岸辺露伴グッチへ行く」を読んで

オールカラーで描かれたものですが単行本では白黒なのが残念・・・でそれでも絵のキレイさが伝わるのはさすがです。

原画展ではカラー版が飾られていたので、機会があれば原画展へ!

出典:SPUR

グッチの伝統を知りつつ、奇妙なストーリーのラストが絶妙です。

ページ数が少ないので急展開なところもありますが、すっきりまとまっているし露伴先生の口の悪さも楽しめる作品です。通訳の女性のキャラが面白すぎるんですけど。

似た能力が8部のジョジョリオンにも出てくるので、ジョジョリオンを読んだ人は「もしかしてあの能力かも?」と予想しながら読んでいただけるのも良いかもしれません。

グッチへ行く編なので、ファッションはもちろんグッチです。

クリエイティブ・ディレクターのフリーダ・ジャンニーニさんのデザインを着ている露伴先生が超絶カッコイイ!

女性のファッションもめちゃくちゃオシャレで、ファッションが好きな人は、洋服やポージングを見るだけでも楽しめます。

ファッションに興味のない人は、話の流れをぶった切るポージングが面白いので注目!

ヨンダリ
ヨンダリ
「等価交換」

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
たったの16ページにこれだけの話を盛り込めるはさすが!

「岸辺露伴グッチへ行く」を読んだ人におススメ

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」荒木飛呂彦の感想!露伴先生と印刷好きは必見!

「岸辺露伴は動かない 密漁海岸」荒木飛呂彦の感想!パール・ジャムは最強のスタンドではないのか

「岸辺露伴は動かない第2巻」荒木飛呂彦の感想!歩きスマホはダメ、ゼッタイ

RELATED POST
Translate »