マンガ

「銀と金」福本伸行の感想!裏社会を舞台にしたマネーゲーム

福本伸行ってストーリーテラーとしては天才だと思うんですよ。

だってあの絵でカイジ、アカギをはじめとした長編大作を描いているのですから。

あの絵に魅力を感じる人はあまりいないと思います。

全ての魅力はストーリー、というのは極論すぎますか。

「銀と金」あらすじ

裏社会で頭脳と心理戦を駆使して巨万の富を得ていく男達の活躍を描いた賭博コミック。

競馬でスッカラカンになってしまった森田鉄雄(もりた・てつお)は、平井銀二(ひらい・ぎんじ)に声をかけられ、日当10万円の仕事を持ちかけられる。

そして翌日、みかん箱10箱を運んだ森田は、その箱の中には不正融資で得た10億円が入っていると平井から知らされて……!?

「カイジ」「アカギ」と並び称される福本伸行の代表作の一つ。

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
心理をテーマにしたギャンブル、と言うのは乱暴かな

出典:銀と金

「銀と金」を読んで

謎の老人「銀二」に出会ったフリーターの主人公が詐欺や政治家との癒着、株取引やギャンブルで金を稼ぐ物語です。

実写映画化もされた漫画「カイジ」よりはもっと現実的なストーリー展開が続きます。

根底のテーマはとにもかくにも「金」なので闇金ウシジマくん等の「金」に関するダークな話や裏社会的な話が好きな人には興味部会のではないでしょうか。

福本漫画は「ギャンブル」をテーマにしているものが多いのですが、銀と金はテーマが「金」なので色々なトピック(株取引、闇金、政治家をゆする、大物との麻雀など)に焦点が当たり多彩な展開になっています。

出版されたのが90年代なので今読むと話題が古臭い感じがするが、根底にあるストーリーはしっかりしているので十分楽しんで読めます。

出典:銀と金

出典:銀と金

ヨンダリ
ヨンダリ
初期の作品の中ではピカイチだよ!

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
打ち切りかな・・・

これを打ち切りにする当時の編集の無能さよ

「銀と金」を読んだ人におススメ

ヨンダリ
ヨンダリ
福本伸行といえばこれ!まだ連載中の人気漫画!
RELATED POST
Translate »