マンガ

「岳」石塚真一の感想!山岳漫画の最高峰

険しい山を登る人は「そこに山があるから」と言うようですが、本当はそこにある山で自分にだけしか見えない風景を見に行っているのではないか、と思うんです。

季節も天候も含めて、一度しか見られない風景。

実写映画化もされていますが、実写化に伴い連載内容が変化していったという話です。

「岳」あらすじ

秋の北穂高岳。登山中の中年男性・黒岩が、雪に足をとられて崖から転落、腕を骨折して動けなくなってしまった。

山麓の警察署では下山時刻が遅れていることから、山岳遭難防止対策協会のボランティア・三歩に救助を要請することに。

見かけは頼りなさそうな三歩だが、ヒマラヤや南米の山を歩いてきた経験豊富な救助員で…

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
ほぼ1話完結で読みやすいよ!

出典:岳

「岳」を読んで

18巻で既に完結しています。

ラスト18巻については賛否両論・・・というより「否」しか聞こえてきませんでした。

出典:岳

人の命というものを大事にしていた三歩が最後にやったことはまさに「命を軽くみた」としか言いようがない行動でした。

もちろん山岳救助では全員の命を助けることはできません。

しかしその中でも助かる命は助けるという最大限の努力をしていた三歩なのにという意味で「否」の意見が多かったのは理解できます。

それもこれも「実写映画化」という重い荷物があったからのようで。

作者・石塚真一はもう少し早く物語をまとめたかったのだが連載中に実写映画化が決まり公開するまでは連載を続けるべし、という事を言われそれでも続けていた連載中にできた映画が・・・

という意味合いがあってのあの壮絶なラストの展開だったと思えば命を「軽くみた」ところも理解できるかもしれません。

出典:岳

作者はメディアでのインタビューなど良く出ているのですが岳のラストと映画に関しては一言もコメントしていない、というところも意味深ではあります。

しかし、17巻までのストーリーは神漫画です。

ヨンダリ
ヨンダリ
だからこそキレイに終わって欲しかった!

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
山登りがしたくなるよね!

体力ないけど・・・

「岳」を読んだ人におススメ

ヨンダリ
ヨンダリ
登山漫画の次にまさかのジャズ漫画!

「BLUE GIANT」石塚真一の感想!最高に感動する音楽漫画

「BLUE GIANT SUPREME」石塚真一の感想!音が見えて聞こえる漫画

 

 

RELATED POST
Translate »