マンガ

「ダンジョン飯」九井諒子の感想!大サソリと歩き茸の水吹きの味は?

「料理ファンタジー」漫画です。

そんなカテゴリーが果たして今まであったのでしょうか・・・。

「天然おいしい宝虫のおやつ」は食べてみたいけど「ミミックの塩茹で」はちょっと嫌だなあ。

「ダンジョン飯」あらすじ

ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。

再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。
そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」

スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!!

襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
消化される前に早く助けて!

出典:ダンジョン飯

「ダンジョン飯」を読んで

  • 2015年度コミックナタリー大賞・第1位
  • このマンガがすごい!2016(宝島社)・オトコ編1位
  • THE BEST MANGA 2016 このマンガを読め!・第1位
  • 全国書店員が選んだおすすめコミック2016年度・第1位
  • Amazon ランキング大賞2016 Kindle本コミック 1位

露出の少ない雑誌で連載されているにも関わらず第1巻発売時に口コミで超有名になった漫画です。

ダンジョン内に登場するモンスターを討伐し、そのモンスターをどうやって食べたらおいしいか考えて食べてしまう・・・。

ゲームでは討伐したモンスターは消えてしまうけれども、現実ではちゃんと素材や食材として考えないといけません(現実でダンジョンでモンスターを討伐することはないですが)そこに着目した設定はお見事。

スライムの内臓の干物、人食い植物のタルト、動く鎧の蒸し焼きやスープなど、現実世界にはありえない食材を使って調理をしおいしく食べる様子は、とても面白いものです。

出典:ダンジョン飯

出典:ダンジョン飯

冒険が進むにつれ出会うモンスターを次々と調理して食べていくので、次はどんなモンスターが出てきてどう調理するんだろう?どんな味なんだろう?と続きが気になります。

ヨンダリ
ヨンダリ
ダンジョン内の戦いの描写もすごいよ!

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
ドラ〇エがやりたくなる漫画だよ!
RELATED POST
Translate »