マンガ

「ダンス・ダンス・ダンスール」ジョージ朝倉の感想!熱血バレエ漫画から目が離せない!

ジョージ朝倉は揺れ動く女性の心を上手く表現できる漫画家です。

ジョージなのに女性だし・・・

とにかく「少女漫画の人」、というイメージが強くありました。

その少女漫画の人がビッグコミックスピリッツで連載、しかもテーマはバレエ!

「ダンス・ダンス・ダンスール」あらすじ

主人公・村尾潤平は中学二年生。
幼い頃にバレエに魅了されるも、父の死をきっかけに「男らしくならねば」とその道を諦める。
バレエへの未練を隠しながら格闘技・ジークンドーを習い、クラスの人気者となった潤平だが、彼の前に、ある日転校生の美少女・五代都が現れる。

Amazonより引用

 

ヨンダリ
ヨンダリ
既刊14巻まで一気読み!

出典:ダンス・ダンス・ダンスール

「ダンス・ダンス・ダンスール」を読んで

感想を一言で言えば「熱血」です。

熱血バレエ漫画、はいおしまい。

「昴」もバレエ漫画ですが、「昴」が夜のバレエだとしたら「ダンス・ダンス・ダンスール」は昼のバレエ。

「昴」曽田正人の感想!好きなものと引き換えに何を失ったのか

登場人物が全て前向きでひたむきで熱い・・・

悪役なのかと思わせた生川先生までも「バレエ」を貫くための悪役ぶりだったとは。

少年少女の危うさもその時代の輝きも全て表現できるジョージ朝倉すごい!

出典:ダンス・ダンス・ダンスール

 

ヨンダリ
ヨンダリ
潤平と都の心象がこのページだけで理解できるのはお見事としか言いようがない!

新章に入ってなお面白さが加速しています。

まだまだ目が離せない漫画です。

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
バレエは究極の筋肉を鍛えるスポーツだと思うんけど、その筋肉がちゃんと描かれているよ!

出典:ダンス・ダンス・ダンスール

「ダンス・ダンス・ダンスール」を読んだ人におススメ

ヨンダリ
ヨンダリ
『夜』が見えるバレエ漫画だよ!

「昴」曽田正人の感想!好きなものと引き換えに何を失ったのか

ヨンダリ
ヨンダリ
ジョージ朝倉の代表作!

「溺れるナイフ」ジョージ朝倉の感想!剥き出しの刃物だった頃の物語

RELATED POST
Translate »