マンガ

「ボス、俺を使ってくれないか? 」富士屋カツヒト・ 原作:中溝康隆 の感想!リアル過ぎるプロ野球界

昔の少年たちは野球しかしていなかった気がします。

今はプロスポーツといえば多種多様、e-sportというゲームまでプロスポーツとして認知される時代です。

そんな現代のプロ野球界のリアルを描いた漫画です。

登場人物のモデルも「あの人?」とすぐにわかってしまうほどリアルですw

「ボス、俺を使ってくれないか?」あらすじ

これぞリアルプロ野球!

崖っぷちの2軍投手・石原はプロ入り3年で1軍登板ゼロ。

いよいよ戦力外か? というタイミングでFカップの彼女から「引退して家業を継いでよ」と迫られる。

そんな追い込まれた石原に1軍から声が!

チャンスを掴めるか!?

amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
1巻完結なのでサクサク読めるよ!

出典:ボス、俺を使ってくれないか?

「ボス、俺を使ってくれないか?」を読んで

原作者の中溝康隆は2010年から「プロ野球死亡遊戯」というブログを運営し、累計700万PVという記録を作ったカリスマブロガー・ライターです。

なのでテンポがとても良い。

情報量はとても多いのにスラスラと読めてしまうのはブロガーらしいと言えます。

そして中身は在京球団をモデルとしていて(もちろん実際の話ではありませんが)出てくる登場人物のモデルはあの選手だなと思い浮かべることができます。

そして主人公の石原のプロ野球選手としての設定も超絶にリアル。

等身大のプロ野球選手、しかもスター選手ではなく「崖っぷち2軍選手」の背景が全て明かされます。

華々しく活躍するスター選手の影でこういった崖っぷち選手の過ごす日常が大多数を占めているんでしょうね。

出典:ボス、俺を使ってくれないか?

ヨンダリ
ヨンダリ
エゴサもしているところが超リアル!

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
衝撃のラストを見逃すな!

 

出典:ボス、俺を使ってくれないか?

 

RELATED POST
Translate »