マンガ

「BLUE GIANT」石塚真一の感想!最高に感動する音楽漫画

「岳」が実写映画化もされた頃「次はジャズ漫画描きたいんですよね」と言って西原理恵子(漫画家)に「バッカじゃねーの」と嘲笑されていました。

そして本当にジャズ漫画を描いてマンガ大賞2016で第3位。2017年、第62回「小学館漫画賞」(一般向け部門)、第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。

山もジャズも好き、という作者。アツい気持ちは伝播する。

「BLUE GIANT」あらすじ

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本大は、川原でサックスを独り吹き続けている。
雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。

「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」

努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。
無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
山岳漫画の次にジャズ漫画とは!

出典:BLUE GIANT

「BLUE GIANT」を読んで

「BLUE GIANT」考察

世界一のジャズプレイヤーを目指す青年、宮本大が主人公の漫画「BLUE GIANT」は、大がドイツに旅立つシーンで終わっています。

その後のエピソードは、続編「BLUE GIANT SUPREME」で描かれており、SUPREMEが海外編なら、こちらは日本編といったところでしょうか。

アツいストーリ展開で続きが気になるこの作品ですが、実は、最終的にどうなるのかはすでに発表されています。

というのも、この作品の単行本にはボーナストラックとして短いエピソードが収録されており、作品に登場したキャラたちが大のその後を語っているという内容だからです。

ハッキリと、大という名前は出てきませんが、どう見てもそうとしか考えられない描写がされています。

最初に見たときは、大のことだと思わせるミスリードを狙っているのでは?とも思いましたが、大の家族が出てきたり、ボーナストラックの内容が本編にフィードバックされているので間違いないでしょう。

では、そこで語られている大のその後はというと、どうやら世界的なジャズプレイヤーになっているようです。ボーナストラックの時代設定がいつなのかは分かりませんが、登場キャラが本編より老けて描写されているのでそれなりの時間は経っていそう。

では、なぜこんなネタバレのようなことをするのでしょうか。

まず考えられるのが、ネタバレしていても面白い漫画を描く自信があるからということ。確かにこの作品は、迫力ある演奏シーンだったり、仲間とのエピソードだったりが面白さの源です。最後がどうなるのか多少匂わせても問題ないと考えているのかもしれません。

作者が描きたいのが、成功するかどうかではなく、成功に至るまでの物語であるならば納得できます。

他の漫画でもたまに見ますよね。一話目の冒頭、世界で活躍する主人公をいきなり描いておいて、そこから一気に昔に戻るという手法。

しかし、この作品のように単行本のおまけで描写するというのは珍しいのではないでしょうか?単行本を買ってくれた人に対するサービスなのか深い意味があるのかは作者のみが知るところです。

もう一つ考えたのが、大は死んで伝説になった説です。大がプレイヤーとして現役で活躍していると思わせておいて、実は故人の思い出を語っていた。これならば、物語のラストでどんでん返しを出来ますし、先を予想していた人もまんまとだますことが出来ます。

ただ、この説を否定するようなセリフがあったりもするんですよね。全ての意味が分かるのは、作品が完結してからかもしれません。

3人の奏でる音楽に感動する

天才と秀才と凡人。種類の違う人が集まるとドラマになる。

この3種類の人が集まってからのストーリーがとても面白い。凡人として生きる人間には、苦しみが痛いほど伝わるのではないでしょうか。

出典:BLUE GIANT

出典:BLUE GIANT

読者はどの人に共感するだろうか?もしかしたら全員に共感できるかもしれないし、違うタイプの人に勇気をもらえるかもしれません。

苦しみと成功を両方味わうからこそ、最高にアツいストーリーです。

ジャズが好きでも、市場が狭くて稼ぐのは難しい、けれどそんなことはいっさい関係なく、アツくなれる人が世界一になれるんです。

何かを諦めた人はもう一度挑戦するために!今から頑張る人は起爆剤として!ぜひ読んで欲しい作品です。

ヨンダリ
ヨンダリ
何かを諦めた経験がある人は、この漫画の純粋さに胸を打たれること間違いなし!

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
漫画なのに音が伝わるよ!

「BLUE GIANT」を読んだ人におススメ

「BLUE GIANT SUPREME」石塚真一の感想!音が見えて聞こえる漫画

ヨンダリ
ヨンダリ
海外進出篇!

「岳」石塚真一の感想!山岳漫画の最高峰

RELATED POST
Translate »