マンガ

「化物語」原作:西尾維新/作画:大暮維人の感想!辛口・辛口・辛口の書評となっています

最初にお伝えしたいことがあります。

「化物語」から始まる一連の物語シリーズはノベル・アニメとともに”全て”読む、見る済です。

そう”全て”なんです、そして物語シリーズオタクと呼ばれてます。

なので辛口。

「化物語」は西尾維新の人気作。メディアミックスの多い西尾作品でアニメ化・漫画化は難しいと言われていたものがアニメ化され大ヒット。

満を持しての漫画化となります・・・。

「化物語」あらすじ

【 西尾維新 × 大暮維人 】!!!

阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!?

アニメ化・ゲーム化など多数のメディアミックスを果たした西尾維新の代表作『化物語』を、『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!!

現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で!

「週刊少年マガジン」にしかできない最高最興奮の新しい“物語”!!

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
全ての女性キャラが肉感的すぎる・・・

忍のスタイル成人女性だよね?

出典:化物語

「化物語」を読んで

オタクが語るからといってメディアミックス全てが同じものである必要はないと思っています。

アニメはアニメ、漫画は漫画。読者層も変わるだろうし”西尾維新”を全く知らない層だっているだろうし。

だからこそ原作ノベルが根底にあるべきではないのかとも感じています。

全てを漫画家のせいにするつもりはないのですがキャラ設定が原作とかけ離れていて・・・

戦場ヶ原ひたぎは登場した時から感情が豊かだし、羽川翼はドヤ顔なんて絶対にしないし。

出典:化物語

「まよいマイマイ」の中での重要な場面。

出典:化物語

八九寺真宵のいる場所と全然違うところを指さす戦場ヶ原ひたぎが描かれて八九寺が人には見えていないと気づく衝撃的な「私にはその娘 見えないのよ」

漫画では引きの構図がないので何を言っているのかわからない状態です。

原作やアニメの中での重要なシーンが描写されていなかったり、何の関係もないように描かれていたり。

メディアミックスという言葉に踊らされて作画を構成する側に作品への愛が感じられません。

愛はリスペクトと言い換えてもいい。

辛口の感想になっていますが、原作に忠実な文字の洪水感はところどころにあります。

アニメでは尺の関係で入らなかった文字量が入れられるのは漫画ならでは。

ただ文字量だけで表現するのなら原作を読めば十分な気もしますが。

出典:化物語

ヨンダリ
ヨンダリ
中学2年生の撫子も無駄にエロエロ描写されてるしね・・・

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
原作ありき、なのでストーリー評価は高いんだけどちょっとモヤモヤ・・・

「化物語」を読んだ人におススメ

「掟上今日子の備忘録」原作:西尾維新/作画:浅見ようの感想!忘却探偵の謎は謎のまま原作者・西尾維新は小説家です。 多作な人ですが、自身の作品の中ではクロスオーバーをしないというスタイルをとっていました。 し...
ヨンダリ
ヨンダリ
西尾維新原作作品!

 

 

RELATED POST
Translate »