マンガ

「アオイホノオ」島本和彦の感想!この物語はフィクションである。

漫画家・島本和彦の自伝的ではあるが「フィクション」な漫画。

大阪芸術大学ではなく大作家(おおさっか)芸術大学で出会った同期には「エヴァンゲリヲン」や「シン・ゴジラ」で有名な庵野秀明の姿も・・・

そして庵野秀明はやっぱり変な人だったという感想しかでてこないような・・・w

「アオイホノオ」あらすじ

1980年代初め。

大阪の大作家芸術大学でTV・映画・アニメの講義を受けつつ、漫画家を目指す若者・ホノオは、しかしながら野望だけで具体的には何も動き出していなかった。

そんなある日、何気なくサンデーを読んでいた彼は、当時はまだ無名の新人だったあだち充や高橋留美子の作品を目にして…?

Amazonより引用

ヨンダリ
ヨンダリ
とにかく熱い、アツい、暑苦しい・・・

出典:アオイホノオ

「アオイホノオ」を読んで

DAICONⅢのアニメは名作でした。

当時の漫画、アニメ好きはみんな感銘を受けたものです。そのDAICONⅢアニメの裏側がこの漫画で読めるとは(感涙)

庵野秀明が関わっていたとは。

出典:アオイホノオ

ただ庵野秀明が主人公ではなく、庵野に負けたくないホノオの暑苦しい青春がテーマの物語です。

本当に暑苦しいのですが、若者特有の自分だけは何か特別なことになれる感や熱血が恥ずかしい感や色々なものが詰め込まれて一言で言うならまさに混沌。

何が面白いのか?と言われたら「読めばわかる」としか言いようのない漫画です。

出典:アオイホノオ

読み出したら絶対にハマって一気に読んでしまうので、未読の方は覚悟して読んでくださいね。

ヨンダリ
ヨンダリ
あだち充と高橋留美子の扱いが雑すぎてwww

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
超エモいよ!

 

RELATED POST
Translate »