漫画

「3月のライオン」羽海野チカの感想!プロ棋士をテーマにした人間の成長物語

落ち着いた感はありますが「将棋ブーム」です。

そんな将棋ブームを巻き起こしたのは、2017年に公式戦29連勝という連勝新記録を樹立した最年少棋士”藤井聡太(15)”です。(現在16歳)

そんな藤井聡太の出現を預言したかのような漫画がこちらです。

3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス) [ 羽海野チカ ]

「3月のライオン」羽海野チカ
連載中

将棋ブームの立役者として「藤井聡太」「3月のライオン」は外せない存在です。

将棋が全くわからない人にも、棋士の世界の厳しさや盤上での勝負の迫力には時間を忘れて読んでしまう事間違いなしです。

「3月のライオン」あらすじ

東京の下町で一人暮らしをする、17歳のプロ将棋棋士 桐山零。
幼い頃に事故で家族を失った零は常に深い孤独を感じていた。
そんな桐山の前に現れた、川本あかり・ひなた・モモの三姉妹。
彼女たちと接していくうちに、零は成長していく。
零だけではなく、様々な人間が何かをとりもどしていく物語。

ヨンダリ
ヨンダリ
あらすじだけ見ると重い内容っぽいけど、絵柄とチョコチョコ挟まるギャグでスラスラ読めるよ!

「3月のライオン」を読んで

連載開始当時、少女漫画家としての地位を確立していた羽海野チカが、青年誌で連載をするという事で話題になりました。
その結果、マンガ大賞2011、第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第35回講談社漫画賞一般部門など多くの賞を受賞する、という化物のような漫画になりました。

羽海野チカは人間を描くのがうまい!

主人公は零です。しかし零以外の人物を主人公と同じくらいしっかりと描写していて引き込まれます。

対戦相手の棋士たちにも生活や背景があり、何のために戦うのか?
まさに「人生を戦うものたちへ。」向けた漫画です。

出典:白泉社

ヨンダリ
ヨンダリ
11巻発売時のポスターが超かっこいい!

そして戦うのは棋士たちだけではありません。

学校でいじめと戦い続けた川本家二女のひなた、他に家庭を作り出て行った川本家の父親と対峙する長女のあかり、などまさに戦う物語です。

しかし、戦ったあとには必ず成長する。
「様々な人が何かを取り戻して」成長していく物語です。

ストーリー

画力   

魅力   

笑い   

シリアス 

ヨンダリ
ヨンダリ
画力はさすがの美大卒!たまに少女漫画家っぽい「ポエム」的なイメージストーリーが好き嫌いが分かれるところかも

3月のライオン 14 (ヤングアニマルコミックス) [ 羽海野チカ ]

羽海野チカの代表作

ハチミツとクローバー10【電子書籍】[ 羽海野チカ ]

ヨンダリ
ヨンダリ
the青春漫画の 名作「ハチクロ」!なんともう19年も前の漫画だけど全然古臭くないよ!